2005年10月11日

肌を傷めない『正しい洗顔』

肌を傷めない『正しい洗顔』

スキンケアの基本は洗顔です。
洗顔の目的は、汚れ、ばい菌、古い角質、余分な皮脂を落とすことです。
これらがお肌の上に居座り続けているかぎり、色々な肌トラブルの元となります。
洗顔はスキンケアのために毎日欠かせない日課なのです。

皆さんご存知のとおりですが、ちょっと注意が必要です。

歯を磨くと同じ感覚で、綺麗になればいいのだから、お肌を磨くと思っていませんか?

お肌をキレイにしたい一心で、逆にお肌をイジめてしまっているかもしれません

こすっちゃ駄目
こする洗顔はダメージ大!逆効果、しわの元。

こする事は肌にとっては超危険な刺激で、色々な肌荒れの原因となってしまいます。
特に、ニキビや毛穴のざらつきが気になる人ほどこすしたくなるものです。
ぬるっとする所や、プツプツとしたものが指に触れるので気になってしまい、
強くこすれば、綺麗になると思い、そこをこすってしまいがちなのです。

しかしこのプツプツを洗顔料で溶かし出すことは大変難しく、
その前に肌が大きなダメージを受けてしまいます。

強くこするとどうなるの?
肌の保湿成分(コラーゲン)は水でさえも洗い流されてしまうのに、
洗顔料を使って長時間一生懸命にこすっているとお肌に必要な油分(皮脂)
や保湿成分(コラーゲン)まで「しっかり」流出する事によって、
肌は乾燥しダメージに対して無防備になってしまい、肌荒れを招きますし、
こすった事により、皮膚の細胞が傷つきぼろぼろになってしまいます。

皮膚は弱いのです。こするとお肌がひりひりした経験があると思います。
こする事は、お肌にとって負担でしかないという事を覚えて置いてください。

で、洗うときには、こするのではなく、なでるという感覚が重要です。


正しい洗顔の仕方
正しい洗顔のポイント
大切なのは良く泡立てることです ^-^
洗顔料には肌に馴染ませるだけで汚れを浮き上がらせる働きがあります。
さらに、よく泡立てた密度の濃い泡というのは浮き上がった汚れをどんどん吸い取っていきます。
汚れはこすって取れるわけではありません。こするのではなく、なでるのですよ。
密度の濃い泡を馴染ませることで浮き上がらせていくのです。

そのため、こする必要は全くありませんよ ^-^

密度の濃い泡を沢山立てて、指や手のひらと皮膚の間に「クリームの層」を作るイメージで優しく馴染ませていきましょう。泡で顔を包み込む感じです。
顔の皮膚が厚い順、1・額と鼻( T ゾーン)、2・頬、3・目元 の順番に洗っていきましょう。

軌跡的には男性は阪神タイガースのロゴみたいな感じになります。

頬骨が出ているところは力が加わりやすいため注意してくださいね、
それと意外と忘れがちな所として、生え際、そして意外とオイリーなこめかみは、洗い忘れのないようにしましょう。
特にこめかみは、ニキビが出来やすい所です。(私がそうでした)あっ耳の裏もついでに洗いましょうね。


正しい洗顔の手順
手を洗った後にぬるま湯で顔を濡らしておきます。
洗顔料を良く泡立てます。泡立て用のスポンジやネットを使うと簡単に泡立てることができるのでオススメです
額・鼻など (T ゾーン ) に泡をのせて馴染ませていきます。
つぎに頬( U ゾーン)に泡をのせて、軽く馴染ませます。
最後に目元や口元に泡を乗せて優しく汚れと馴染ませます。
ぬるま湯で手早く洗い流しましょう。 T ゾーンに汚れが残っているようでしたら、 T ゾーンだけ軽く洗いなおしてもいいでしょう
鏡を見て泡が残っていないかチェックし、柔らかいタオルで肌を軽く押さえるようにして水を吸い取らせます
(あのガテン系がなぜかふわふわ白いタオルで、きもちいいといっている、ホールド(洗剤)みたいな感覚です)


毎日同じ洗顔ではない。
洗顔は欠かすことが出来ないスキンケアのひとつですが、気を付けないとお肌に負担をかけてしまうことも事実です。
そのため、毎日のお肌の状態に合わせた洗顔をすることが大切です。

朝起きてまず鏡を覗き込みましょう。
男性は意外と昨晩の食べた物がダイレクトに出るような気がします。
焼き肉を食べれば、ぬるぬるオイリーですし、ビールをたらふく飲んで、つまみはライトという時には、乾燥肌というように
結構ダイレクトに顔の肌に出てきます。

それほど油分が浮いていなかったりカサカサなのであれば、洗顔料を使わない「ぬるま湯洗顔」をオススメします(^−^)
また脂が浮いているのが T ゾーンだけなのであれば、その部分だけ洗顔料で洗うのも良いでしょう。
※クレンジング後の洗顔は欠かさずしっかりしてくださいね!

正しい洗顔〜まとめ〜
お風呂を入らない日はあるかもしれませんが、洗顔をしない日はありません^-^

毎朝・毎晩、指先と鏡でお肌の状態を確かめながら、優しくサッパリ洗ってあげてくださいね♪

オイリー肌の方ならば、最初の2週間で見違える結果に・・・・・。(マジです)
posted by たつや at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。