2010年04月05日

黒豆茶の効能&作り方

黒豆は、サポニンとアントシアニンが超デトックス&ダイエットに効果的です。


今回は、お茶&お茶うけとして1度で2度美味しいその手法を紹介します。

黒豆茶はお茶を味わうだけでなく、飲み終わった後に残る黒豆も食べられます。"出しガラ"の黒豆には、お茶に出てこなかった健康成分が残っているので捨てるのはもったいないですね。

黒豆のオリゴ糖と食物繊維。これが強烈な整腸効果があり、腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やして、お通じを改善する働きがあります。特に便秘が気になる人は試してみたいですし、結構カロリーも少ないので、お茶うけに最高です。

サポニンの効能
黒豆茶に含まれるサポニンは、過酸化脂質の生成を抑制します。過酸化脂質は体内で血栓をつくる元になり、動脈硬化を進め肝機能障害を起こす原因物質。サポニンは過酷化脂質の生成を抑制するとともに、大豆のたんばく質が傷ついた肝細胞を再生させるという効能があります。
またダイエットにも効果があります。腸で吸収されたブドウ糖が脂肪に変化するのを抑え、脂肪細胞に蓄積されにくくして、脂肪の代謝を促すダイエット効果があるそうです。

アントシアニンの効能
黒豆の黒い皮の色素であるアントシアニンには抗酸化作用があります。活性酸素は紫外線、ストレス、排気ガスなどで作られ、過剰に発生するとガンや動脈硬化、肌のシミやしわなど体に様々な悪影響を及ぼします。アントシアニンは活性酸素の増加を防いでくれます。
また黒豆茶には視力向上、美肌効果もあります。アントシアニンは皮膚に含まれるコラーゲン同士を結びつけ、その働きを強くして肌のハリやつやをよくします。

と、デトックスでは最強かもという組み合わせの自然食品です。

1〜2人分の黒豆茶の作り方(たつや風)

用意するもの
 黒豆
 フライパン(テフロンでない物、卵焼きプレートのぼろいのでOK)
 電子レンジ
 急須
 お湯

こんな感じですね。


作り方
1.黒豆を25つぶ程度でしょうか、黒豆はまず水で洗うようにします。
2.小皿に入れて、電子レンジで2分〜2.5分加熱します。
すると、豆が割れてなんだか香ばしい香りがします。
3.フライパンを熱し中火か弱火で電子レンジで加熱した豆を更に煎るようにします。
なんだかコーヒー豆っぽくなってきます。
ちょっと茶色になるまで煎るのがこつかな。
4.急須(茶こしある奴が便利)に豆をいれてお湯いれます。
5.大体10分程度放置 色的ほうじ茶っぽい色になってきたら、Okです。

豆を取り出し、小皿に入れて起きましょう。

黒豆茶はお茶を味わうだけでなく、飲み終わった後に残った黒豆も結構美味です。そのまんまで全然OKです。
かみ応えもあるので、結構おなか膨れますし、お茶受けとして最高。

しかも、オリゴ糖と食物繊維。整腸効果があるので、デトックス食品として重宝します。
炒り豆なので、炒り豆っぽくなりますが、お湯で付けてあったので、ほどなく柔らかく、香ばしいいですね。

ごみが出ないつーことも大変よろしいことです。


posted by たつや at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。